カウンセラーを極める!


カウンセラーのカリスマを目指して
by xon65bdbmd
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧


参院選で安藤氏ら5人の推薦を決定―日病の政治連盟(医療介護CBニュース)

 日本病院会(日病)の政治団体「日本病院会政治連盟」は5月22日、夏の参院選で、民主党から比例代表への出馬を表明している医療法人社団永生会の安藤高朗理事長ら5人を推薦する方針を正式決定した。

 安藤氏のほかに推薦するのは、▽みんなの党から出馬する清水鴻一郎前衆院議員(比例)▽自民党現職の西島英利氏(同)▽民主党現職の桜井充氏(宮城)▽自民党から出馬する日本衛生検査所協会顧問の赤石清美氏(比例)-の4人。

 同連盟の梶原優委員長が、同日開かれた日本病院会の代議員会・総会後に報告した。また、地元の小選挙区で推薦したい候補者がいれば、6月5日くらいまでに本部に知らせるよう求めた。

 梶原委員長は、日病など四つの病院団体の政治連盟と日本医師連盟が推薦する安藤氏について、「初めて医療界全体から立候補者として出る形になった」と述べ、「もし落とせば、日医も病院団体も(民主党に)全く相手にされないだろう」と指摘。一方で、同日の記者会見では、「(安藤氏は)一番出遅れている。この調子では負ける」と危機感を露わにした。


【関連記事】
日病が新執行部披露パーティー
参院選比例代表で安藤、西島両氏を推薦−日精協政治連盟
日医連、民主候補の安藤氏推薦を決定
安藤氏、西島氏ら5人に推薦状交付―老健連盟
参院選へ向け「火の玉になって頑張りたい」―永生会・安藤氏

裏付け不十分で謝罪=「農水相が海外出張でゴルフ」報道―TBS(時事通信)
障害者支援財源、5割増を―民主・谷議員(医療介護CBニュース)
対外純資産、最高を更新=世界一堅持、266兆円―昨年末(時事通信)
西日本で大雨、東に拡大へ=低気圧北上、警戒を―気象庁(時事通信)
介護サービス情報のサイト、6月に新設―長野県(医療介護CBニュース)
[PR]

by xon65bdbmd | 2010-05-28 03:49

制度改正論議スタートへ=介護保険、対象拡大など論点―厚労省(時事通信)

 厚生労働省は月内にも、社会保障審議会(厚労相の諮問機関)の部会を開き、介護保険制度の見直しに向けた論議をスタートさせる。被保険者やサービス受給者の対象拡大などが論点となる見通しだが、国民の負担水準に直結するだけに、どこまで踏み込めるか不透明だ。
 同省は、2012年度の診療、介護両報酬の同時改定に合わせ、制度改正したい考え。長妻昭厚労相は15日、同省内での受給者らとの意見交換会で、「必要ならば来年、(介護保険法)改正案を出したい」と述べた。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設〜政府、5月決着を断念〜
【特集】「陸山会」土地購入事件〜検察審、小沢氏「起訴相当」を議決〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜

四神壁画、初の勢ぞろい=明日香村のキトラ古墳−奈良(時事通信)
通り魔、女が8歳女児刺す=殺人未遂で逮捕―大阪府警(時事通信)
民主、小沢氏の弁明歓迎=自民幹事長「遅きに失した」(時事通信)
「あかつき」あす打ち上げ 宇宙ヨット「イカロス」も金星へ(産経新聞)
<自民党島根県連>青木幹雄氏長男擁立へ 参院選(毎日新聞)
[PR]

by xon65bdbmd | 2010-05-19 13:29

逃亡クジャク、飼い主はどっち!?「ビデオ判定」へ(スポーツ報知)

 千葉県警八千代署が6日に捕獲したものの、8日に署内から逃げ出した「クジャク騒動」が新展開を見せた。10日午前、八千代市内で再び発見し保護したが、飼い主を名乗る会社社長が2人登場。同署は、現状ではどちらが所有者かを確定できておらず、両者が保有する映像を見比べる「ビデオ判定」を11日以降に行うことになった。

 八千代署によると、10日午前6時50分頃、八千代市内のビニールハウスに入り込んだクジャク(オス)を近所の住民男性が発見。通報を受けた同署署員が網で捕獲した。

 その後、署内で正式に捕獲を発表。さらに、前日の9日夜に「飼っていたクジャクが逃げた」と同署に連絡してきた茨城県神栖市の男性に確認を求め、羽の模様などから男性が所有者と判明したとも説明した。

 めでたしめでたし…と思われた事態は、約3時間後に急転。八千代市内の男性が「飼っていたクジャクに逃げられた」と名乗り出たからだ。これを受け、同署は当初の発表をいったん撤回し、所有者を慎重に確認することにした。5日間にわたる「クジャク騒動」がようやく収束したと思った署員たちは、予期せぬ展開に「ほかにまだいるのか…」と困惑している。

 偶然にも、男性2人は会社の社長同士。同署が事情を聞いたところ、神栖市の男性は「4月30日頃に、飼っていたインドクジャク3羽のうち2羽が逃げた。オスとメスがいなくなっている。(捕獲された1羽は)ウチのに似ている」と話している。

 一方、八千代市の男性は「4羽のクジャクを飼っているが、5月3日か4日に2羽が逃げた。すぐに1羽は見つかったが、オスの1羽の行方が分からなくなった」と説明。9日昼の時点で会社の従業員が「ウチの社長のクジャクがいなくなった」と同署に相談していたが、社長同士で混同してしまったのか、署が把握していたのは神栖市の男性のみだった。

 男性2人はクジャクの捕獲後、すぐに八千代署を訪れて対面。クジャクを前に「どちらのなんでしょうねえ」と穏やかに語り合っているという。

 八千代署は、距離の問題から八千代市の男性が所有者である可能性が高いと見ている。が、決定的な証拠とはいえないため、逃げる前に両者が撮影した映像などを見比べる「ビデオ判定」を11日以降に行い、所有者を決める予定だ。

<たこ焼き>爪楊枝か、割りばしか…食べ方いかに?(毎日新聞)
患者のカードで空気清浄機=詐欺容疑、看護師逮捕−三重県警(時事通信)
弁護士増に対抗 「士業者」連携 顧客つかめ 司法、行政書士ら横断型サイト(産経新聞)
もんじゅ 炉心確認試験、5時間遅れで終了(毎日新聞)
鶴見川で女性の変死体 遺体が沈むよう細工 死体遺棄事件で捜査 (産経新聞)
[PR]

by xon65bdbmd | 2010-05-12 12:17